1948年(昭和23年)3月、神奈川支部設立。以来、「神奈川支部報・まちかた」は、毎月発行されています。
速 報
 神奈川支部報
「まちかた」
横浜建設一般労働組合神奈川支部
 神奈川支部事務所・所在地
Last updated:___ 2014/09/17
count______
count

■■Menu■■
ホーム
New!! News_Topics
■TopNews_2014
        _2013
        _2012
        _2011
        _2010
        _2009
        _2008
        _2007
        _2006
        _2005
News映像
平和 にんげんをかえせ
リンク Links
事業内容 メリット
所在地図 支部事務所
■ひとりごと 編人の呟き 
■E-mail: 送付> 教宣部
■E-mail: 送付> 支部







 ■■編集後記■■
 「まちかたHP」は、組合員さん一人ひとりの顔が見えるような、身近な存在になればいいなぁと思っています。
              (T.T)

(註) 特記のない限り文責     は、T にあります。


 組織拡大こそ
      最大の要求闘争







 
入って安心!  健康・暮らし・仕事を守ります。
お問い合わせ横浜建設一般労働組合・神奈川支部
旧ホームページを閲覧の方は、ブックマークアドレスの変更をお願いします。
(旧)http://homepage2.nifty.com/ttakitt/index.html> (現在)http://taki.my.coocan.jp/index.html


Hot_News


 

■建設横浜「組織活動者会議」■ 2014/09/15




 生活していけるのか不安 

■建設横浜「組織活動者会議」経験交流■ 2014/09/15

 Aハウスで大工をしています。Aハウスでは、主にアパートの新築をメインに、平米請けでやっていますが、1日18、000円ぐらいになります。

 現場には仮設トイレ、駐車場もありますが、ゴミの分別は厳密で、20種類ぐらいあります。決算期の後には、仕事が切れて応援に行ったりしています。正直、18、000円で悪くないとも思いますが、33歳になり、貯金にもまわせず、結婚したら生活していけるのか不安です。やっぱり、25、000円ぐらいないと安心できません。

 Aハウスで、一人親方労災に入っていますが、5000円の日額です。ケガしたら生活できません。少なくとも、安心して働ける工期日程と、20、000円がもらえるぐらいにしてほしいです。
                                                (T・N )




 安心して働ける社保加入 事業主として責任果たす

■建設横浜「組織活動者会議」経験交流■ 2014/09/15

 私は今春、4代目として父の後を継ぎ、先代・先々代の物件の改装や建替・メンテナンス管理、他にビルダーなどで成立している町場の工務店を経営しています。横浜職訓校を卒業し、組合の活動に参加し始めて6年目です。

 社会保険加入を意識したのは今年の始めくらいです。組合活動を通じて、建設業許可更新や"2年遡及"に不安を感じたからです。支部に相談し、社労士と面談して、加入しました。現在1人ですが、外注の大工職3人も加えていきたい。加入して、遡及の不安などから解放され、老後の生活や家族の安心を思うと、率直に、安心しました。事業主になってまず行った仕事だったので、社長として責任を一つ果たし、ようやく一歩踏み出したとも感じています。

 保険料の確保は、小さい会社なので厳しいですが、地元メインの形態のためお客様にご理解いただき、全体に上乗せさせていただいています。また、偶然ですが、うちが施工を担当しているリフォーム会社から建設業許可と社会保険加入の確認があり、ラッキーでした。

 ここにいる事業主の方や組合に、お願いです。社会保険加入をしっかり進めてもらいたいです。法人をあるべき姿にして、ぜひ若年層に安心して働ける業界にしていただきたいです。それが、職訓校生徒の増加や業界活性化につながると信じています。保険料の負担は確かに大変ですが、ジャンプするためには、しゃがまなければなりません。組合と職人、事業主一丸となって、未加入者対策と拡大を頑張りましょう。社保加入、ラストチャンスです。ありがとうございました。
                                                (G・Y )




 

■建設横浜「組織活動者会議」■ 2014/09/14-15

 建設横浜は14・15日、箱根・ホテル開雲で「2014年組織活動者会議」を開き、建設産業情勢を学び、組織拡大へ決意を新たにしました。

 吉良書記長は基調報告で、アンケート調査によると大勢の無年金者が存在すると指摘。「賃上げして安心して働け、暮らせる社会。年金加入して、会社を支えていける労働者めざそう。貰えないから入らないじゃダメ。建設だけで生きていくなら経営学を学び、苦しみ、悩みを共有しながら、生活確保のための組合にしよう」と呼びかけました。

 全建総連の清水書記次長は講演で、建設産業の在り方が「方策2011」をきっかけに激変したと分析。
 ---つづく
                                             (瀧川 恒夫)




 福島県で工作教室、盆踊り 交流深める

■県青協「絆祭り」■ 2014/09/09

 8月24日、青年部は福島県二本松市にて、地元の青年部と協力して、絆祭りを開催しました。神奈川支部からは、青年部の西山さんと佐久間さん、主婦の会の佐藤会長、書記の八川の計4名が参加しました。

 今年は建設職人らしく足場を使ってやぐらを建て、青年部は地元横浜の味を伝えるべくシウマイを販売しました。シウマイの味は子供たちにも好評で、「やめられない!」とリピーターが出るほどでした。

 日中に行われた第1部は晴天が広がり、太鼓の演舞や工作教室、流しそうめん、スイカ割り、ビンゴ大会と、次々に行われるイベントに子ども達の笑顔があふれていました。
 ところが、突然の夕立。夕方からの盆踊りが開催できるか心配されれましたが、みんなの願いが通じ、開始直前に雨が上がりました。
 盆踊りの時間になると、仮設住宅から主婦の会が送った浴衣を着て続々と踊りの輪に参加。地元の祭りを思い出すかのように笑顔で踊っていました。最後は神奈川の仲間も加わり、盆踊りを通じて交流を深めました。

 翌日は被災地の浪江町をバスで視察。浪江町議員の馬場さんにガイドをしていただき、原発と津波の被害を目に焼き付けて神奈川へ帰ってきました。
                                             (八川 純平)




 「戦争する国にしていいですか?」講演 憲法を学習

■「かながわくピースフェスタ2014」■ 2014/09/04

 「戦争する国にしていいですか?」と自由法曹団の若手女性弁護士・高橋由実さんが4日、東神奈川・神奈川公会堂で講演。40人余りが「解釈改憲と集団的自衛権」の説明に耳を傾けました。神奈川支部から17人が参加しました。

 「憲法は、『個人の自由を守りなさい。弱い人の人権を保障しなさい』と私たちが約束させたもの」と、高橋さんは憲法の役割を説明しました。

 立憲主義をとらない安倍首相。国民投票法(改憲手続法)を2010年5月に施行。2013年12月に成立した特定秘密保護法は、2014年末に施行される予定で、戦争できる国にする動きは着々と進行中です。

 「集団的自衛権を行使できるとどうなるか。イラク戦争を例に説明。アメリカ兵は4500人死亡、3万人が負傷、イラクでは50万人が命を奪われている。日本をアメリカと置き換えてみて、これでいいのですかということです」と、高橋さんは警鐘を鳴らしました。

 「『どうせすぐ忘れるだろう』と高をくくって、安倍首相は日本人を馬鹿にしている。マスコミも煽って、それに騙されてはいけません。次の選挙では忘れない。憲法を守るために、私たちは一人ひとりが考えなければ・・。民主主義を貫くのか、問われています」と締めくくりました。

 講演は、かながわくピースフェスタ2014実行委員会(かながわく九条の会・かながわ区さよなら原発実行委員会・神奈川区地域市民自治研究集会)の主催。本日は、10月3日に開催予定の「かながわくピースフェスタ2014」にむけて、憲法学習を深め、智恵を出し合いました。
                                             (瀧川 恒夫)




 賃金引き上げ・処遇改善を求めて 集会、デモ行進

■神建連「9・2賃金引上げ・生活危機突破総決起集会」■ 2014/09/02

 建設労働者の賃金引き上げ・処遇改善を求めて神建連は2日午後、関内ホールで「9・2賃金引上げ・生活危機突破総決起集会」を開催しました。会場いっぱいに全県から815人が参加。集会後には関内一帯をデモ行進し、「賃金をあげろ、公契約条例を制定しろ、建設国保を守れ」と声をあげました。

 集会では、神建連の白田会長が賃金が安い、社会保障がない状況を打開する法定福利費について、「国は、別枠で払います、請求して下さいって言っている。誰がやるんですか?我々しかない。現場で広げましょう」と訴えました。

 「まともな賃金をよこせ」、「国民のための公共事業を推進して地域建設産業を守れ」、「社会保険に加入できる契約を行え」、「社会保険と建設国保を守れ」、「消費増税はやめろ」、「戦争する国づくりを許すな」。これらの要求は、すべて労働者共通の要求となっています。

 集会アピールは、「本日、神建連は、要求の実現を求めて、神奈川県に要望書を提出し交渉を行った。交渉では、実態をリアルに伝え、具体的施策を強く迫るものとなった。諸要求実現のために、引き続き全力をあげる」と読み上げられ、会場の大きな拍手で採択されました。
                                             (瀧川 恒夫)




 神奈川県に施策実行、改善を要求

■神建連「9・2対県交渉」■ 2014/09/02

 神奈川県2015年度予算編成にあたり神建連は2日午前、ワークピア横浜で建設現場で働く55、000人の要望書を県に提出。建設労働者の低賃金と劣悪な就労環境によって建設産業への入職者は減り続ける深刻な状況を訴え、神奈川県に積極的な施策の実行を迫り、改善を要求しました。

 交渉ははじめに、事前提出した要望書に沿って回答がありました。
 これに対して、氏家神建連書記長は人材不足など危機的な状況を説明したあと、賃金問題について「設計労務単価が上がったにもかかわらず、現場には反映されていない」と厳しく指摘。「現場で直接聞き取りを行わないと実態は掴めない」と、調査方法をめぐってやり取りがあり、後に協議すると約束しました。組合側は「賃金が安い、長時間労働では食べていけない。現場の声を聞け」と詰め寄り、吉良建設横浜書記長は、「災害対策の担い手を育てないと、県民を守れない。入札制度を変えただけでは、賃上げはできない」と対応を求めました。

 要望は、➀賃金労働条件の改善、➁入札制度の改善、③公共事業政策の充実、地域建設産業育成の諸施策の推進、④建退共制度の普及、⑤住宅・仕事・防災、⑥建設国保・社会保障拡充、⑦労働安全・アスベスト対策、⑧職業訓練校支援・技能振興、⑨税制・税務行政についての9項目。

 神建連の白田宏紀会長は、「広島の土砂災害は人災だろう。急傾斜地をかかえる神奈川県は他人事ではなく、予算を振り分けるべき。まともな賃金を保障しろ、と国が言っている。我々の永年の要望である公契約条例は先駆けて制定すれば、国も歓迎するだろう」と要請しました。

 神奈川県の坂本課長は県を代表して、「労働相談件数は3年連続で増加。個々人の労働環境は大変厳しい。なかなか要求通りにはいかないが、要請には誠意を持って対応していきたい」と応えました。
                                             (瀧川 恒夫)




 「大工さんって格好いい・・」楽しかった工作教室

■二谷小学校「工作教室」■ 2014/08/24

 神奈川支部は24日、横浜市立二谷小学校で「工作教室」を開き、児童107人とその家族が参加。組合からは20人が指導員としてあたりました。

 作品はマガジンラックとミニチェア、ゴミ箱の3点です。体験はかんな削りと丸太切り、左官体験を用意しました。
 9時開始。挨拶のあと、それぞれの作品ごとに武田さんと渡辺さん、川上さんによる製作説明が行われました。そして、待ちかねた様子で作業が開始されました。
 11時には全ての作業が終了。作品を完成させました。マガジンラックには思い思いに穴開けによる模様が描かれたり、ゴミ箱は蓋付きの見事な形に完成。ミニチェアは丁寧にサンドペーパーで磨かれていました。
 時間が余った児童は、体験コーナーを楽しんでいました。
 参加した児童・家族は、それぞれ感想を寄せてくれました。
 ▼やすりでけずるのが楽しかった。糸のこぎりできるのが大変だったけど、きれいにできてよかった。(5年女子)
 ▼木をきりぬくところで花をきりぬいたとき、うまくできたのでよかったです。(3年女子)
 ▼わたしは、はじめていすを作りました。おととしは本だなで、ことしのがむずかしかったです。なぜかというと、ことしはいっぱいくぎをうったからです。(3年女子)
 ▼くぎをまっすぐに打つのが難しかったです。職人技も見せてもらい、大工さんのかっこ良さを感じました。(6年男子)
 ▼工作はとても楽しかったです。図工の時間は友達とやるけど、木工教室は親子でやるので、それも楽しかったです。(5年男子)
 ▼娘と初めて工作をしました。不慣れで苦労しましたが、大工さんにも手伝ってもらい何とか完成しました。良い体験ができ、ありがとうございました。(2年女子の母)
                                             (瀧川 恒夫)




 「あらためて考える悲惨な戦争」 熱く語る

■建設横浜「平和のつどい」■ 2014/08/22

 建設横浜は22日夜、東神奈川・建設プラザで「平和のつどい」を開き、200人余りが参加。ビキニデーおよび原水禁世界大会代表参加者の体験報告に耳を傾けました。

 二方委員長は組合を代表した挨拶で、「いま、安倍内閣の元で平和の問題が危うくなっている。日本にある原発54基からは、簡単に原爆ができる。この集会を機会に平和運動を改めて考え、前進する力にしましょう」と呼びかけました。

 松井平和担当委員は、「ビキニ、広島・長崎、福島。みな一般市民が被害を受ける。一部の人が始める戦争をやらせてはいけない。代表派遣された皆さんは、思い思いの言葉で語って欲しい」と開会挨拶し、岡戸平民部長は「平和について考える機会にしたい」と話しました。

 岡戸隆道さん(緑支部)は、ビキニデー運動に派遣された体験を次のように語りました。
 「神奈川県から152人が参加しました。アメリカの水爆実験で第五福竜丸など100隻以上被災しましたが、当時の報道は『大海原に赤インキ一滴落とした程度の汚染だから』と影響を過小評価していました。焼津港を歩くデモ行進では、沿道の応援に励まされました。集会では、被爆者の一人が語った言葉の一言ひと言に重みがありました。私たちはこうした声を記憶に残して、伝えていく使命があるんだと思いました」。

 「原水禁世界大会広島」に代表派遣された皆さんの想いは、次の通りです。

 荒川直樹さん(川崎支部)は、「原爆の恐ろしさを知って、『世界には必要ない』と実感しました。初めて広島に行ったけど、ドームを見て、原爆資料館を見て、大会に出て、いろいろ感じました。これからは原発、原爆は無くしていかなければいけないと強く思いました。当初、仕事休んで行くのはどうかと思ったけど、次には集団的自衛権のことや平和のことを発言していけるようにしたい」を語りました。


 三枝哲弥さん(鶴見支部)は、「行く前は、過去のことで何でこんなに大騒ぎするのか、と他人事のように思っていました。いろいろな活動を聞いていると、『これは、タダゴトではない』と感じました。原爆資料館では、涙を流しました。原爆は無くしていかなければいけないと思いました。これからは20代、30代の若者が行ったらいいと思います」。


 宮正廣さん(神奈川支部)は、「体験した3日間のことは、3分では話しきれません。組合に入って40年、やっと役に立てそうです。班長をやったので酒が不味かった」と笑わせ、「1日目のアリーナは6500人で埋まっていた。熱のこもったアピールは、耳を立てて聞いていました。2日目の分科会は被爆体験を聞きました。原爆の後遺症で今も苦しみ、2世、3世孫の世代になり、化学兵器をなくす運動をやっていかなければならないと思いました。3日目アリーナは7000人に膨れ上がっていました。最後まで見届けたいと思いました。印象深かったのは、懇親会のあとの市電で、他には市民が一人しかいなくて、でかい声で話していたら、運転手に『静かにしろ。お祭りじゃない』と一喝されたこと。広島のみなさんは灯籠流しをし、慰霊をしているのに、と反省しました。そして、広島の気持ちを思いました」と熱く語りました。


 崎村健文さん(保土ヶ谷支部)は、「一瞬にして崩壊する原爆の威力。恐ろしさを感じました。地球上にいま、1万6千発の核兵器が存在する。資料館で見た当時の模型は、恐ろしいものだ。NPT(核不拡散条約)会議が来年あるが、核兵器廃絶に協力する国が増えて、廃絶に向けた前進があることを祈っている。この世界大会には何回でも行きたいが、10代、20代の人たちに行ってほしい」。




 小園利生さん(西支部)は、「最初は軽い気持ちでした。テレビや学校から学んだ知識はある程度ありましたが、現地に行って、原爆資料館を見て、被爆者の話を聞いて、今までの考え方が変わりました。核の恐ろしさをまざまざと感じました。参加してよかった。毎回でも行きたい。30代の班だったので気も合いました。支部の青年層にも話したい。3日間休んでも若い世代は行ってもらいたいな」と話しました。



 後藤祐輔さん(中支部)は、「『はだしのゲン』や歴史の教科書で学んだ知識はありましたが、現地に立って貴重な経験をさせてもらいました。息子にも話し、親子でまた広島に行きたいです。一緒に歩いて仲間にもなりました。これらの体験を組合運動に活かしていきたい」と語りました。





 秋山道久さん(磯子支部)は、「『価値観変わるよ。行った方が良いよ』って勧められ、『なるほど、こういうことだったのか』って思いました。大会には若い人や外国から来た人、被爆した人などの発言に驚かされました。原爆資料館では、釘付けになって動けない小学生がいたのが強い印象で残っています。行って良かったな。良い経験をしました。若い人は行くと良い。この経験を伝えていきたいと思います」。




 木村久仁夫さん(金沢支部)は、「資料館では、涙が出ました。2日目の分科会で、被爆者が未だに迫害を受けていると聞きました。原爆カードを持っているという話です。うちの近所にもいます。5千人以上いるといいます。原爆はなくしていきたたいと思います」。





 白井レイ子さん(主婦の会)は、「世界大会は世界中の人が集まりました。平和行進の列が壇上から『核のない平和な世界をつくるのはいつ?』と呼びかけたとき、『今でしょ』の声が響きました。『NPT(核不拡散条約)が通るまで死ぬわけにはいかない』と発言する人もいました。原爆の体験を語る人は減っていく、提供する場所も減少しています。貴重な体験を風化させないよう話していました。子どもや孫にはなしていくのは大切だと思いました。神奈川の代表団で壇上に上がりました。一人ひとりの力はすごいなと思いました。


 菊池弘さん(青年部)は、「広島は中学生以来です。大人になった今では、感じたことが違います。原爆の怖さ、如何にすごいか。子どもたちの皮膚がタダレて落ちた。被爆した体は言いようがありません。原爆は無くしていかなければいけない。気持ちを強く持ちました。この先、組合の運動をやっていきたい」と話しました。




 杉本和美さん(書記)は、「平和行進は全国各地から集まる。組合では5月の平和行進に各支部から参加していますが、コツコツとした積み上げで広島に結集されました。署名も同様で、一人ひとりが大きな力になること、確信が持てました。自分自身でできることを皆と一緒にやっていきたいと思います」



 平井稔人さん(書記)は、「式典は、降雨の中。印象深かったのは、カッパを被った警備員がそれを外して濡れながら黙祷をしたシーンでした。広島にとって厳粛なんだな、とあらためて感じ入りました。『紛争は武力では解決できない』と語った広島市長の発言を同席した安倍総理はどう感じたのでしょうか。まともに聞いていたら、あの前年のコピー発言はできないことだと思いました。参加者の皆さんは、貴重な体験を支部に持ち帰って伝えて欲しい」。

                                             (瀧川 恒夫)




 「戦争はしてはならない」痛感した

■宮正廣さん「原水禁世界広島大会に参加して」■ 2014/08/10

 原水禁世界広島大会は8月4日から6日、広島で行われ、建設横浜は15人が代表参加。神奈川支部は、宮正廣さんが参加しました。宮さんは、次のように熱い体験を綴りました。

 組合に加入して40年余り。役職に就き、この度、2014年世界大会に出席することになり、広島に行かせて頂き、初めての原爆ドーム体験をすることとなり、非常につらいものがあり、写真でしか見たことがなかったのですが、周りを隈なく見て、戦争の傷跡が痛々しいかぎりで、呆然としてしまいました。
 もっとつらいのは、原爆資料館です。国と国の一部の人間の考え方の違いからの武力闘争の巻き添えに、罪のない人々や幼い子どもたちの命を奪い、今もつらい思いをしながらドーム資料館と共に生活している広島市民の皆さんの心はいつ癒えることになるのでしょうか。
 世界で初めて使用した原爆の恐ろしさ、惨さを感じ、また、分科会での被爆者の講演や被爆者に対しての国の責任、原爆病院認定訴訟の言い伝えを聞くにつけ、戦争はしてはならないとつくづく思います。
 横浜の神奈川支部に持ち帰り、仲間と共に、戦争や核兵器のない世界平和を願い、二度とこのようなことのないよう少しでも尽力したいと思います。
 広島、長崎の皆さん、頑張ってください。広島でドームを見学したことで、あらためて戦争の悲惨さを痛感しました。
                                               (宮 正廣)










Last updated: 2014/09/17
トップページへ戻るページトップへ戻る