--Peace にんげんをかえせ--

■■Menu■■
New!! Top_News

水禁世界大会 参加者の声

2005年長崎 瀧川 恒夫
2005年長崎 瀧川 恒夫
2005年長崎 瀧川 恒夫
2006年広島 1 三浦 国男
2006年広島 西山 敦之
2007年長崎 佐久間 貴毅
2007年長崎 津ノ井 昇
2008年広島 西山 茂幹
2008年広島 佐藤 登志子
2009年長崎 1 渡邉 岳央
2009年長崎 簗場 学
2010年広島 内田 秀巳
2010年広島 沼田 加奈子
2011年長崎 菊池 功


制作・著作 原爆症認定集団訴訟支援全国連絡会
      /原爆症認定集団訴訟全国弁護団

定価1,000円(税込)うち500円が訴訟支援になります。

-- CDにんげんをかえせ --
1.焼き場の少年 朗読
2.にんげんをかえせ
3.Give Me Back My People
4.カラオケ 楽譜付き
<朗読・歌 横井久美子>


「にんげんをかえせ」を聞いて







戦争のない平和な社会

今こそ核兵器全面禁止・廃絶の実現を

原水爆禁止2005年世界大会・閉会総会
-被爆60年ナガサキデー集会決議

<国連および各国政府への手紙>
 被爆60年の広島・長崎で開催された原水爆禁止2005年世界大会に集まった私たちは、国連とその全ての加盟国政府が、核兵器のない平和で公正な世界の実現のために行動するよう強く要望するものです。
 今年10月に60周年を迎える国連は、「言語に絶する悲哀を人類に与えた戦争の惨害から将来の世代を救う」(国連憲章)ことを目的に、紛争の平和的解決を掲げて創設され、その第1号決議で「原子兵器の各国の軍備からの廃絶」を誓いました。これこそ国連の原点にほかなりません。
 「ヒロシマ・ナガサキを繰り返すな!」---この被爆者の叫びにもかかわらず、一部の核保有国が核兵器使用を公言し、その「近代化」をすすめるなど、核兵器は依然として人類の生存を脅かし、また核拡散の懸案も深まっています。
しかし、被爆者のたゆまぬ訴えは、世界に響き渡り、核兵器のない世界を求める声は、いまや諸国政府の間でも、市民社会のなかでも、圧倒的多数となっています。
 このことは、今年5月にニューヨークで開催された核不拡散条約(NPT)再検討会議が、「核兵器廃絶を達成する明確な約束」の実行を求める諸国政府と各国市民の声に満ちあふれたことにもしめされています。
 核兵器廃絶に逆行する大国のかたくなな態度によって、NPT再検討会議が見るべき成果もなく終わった今、国連の責任はいよいよ重大です。
 私たちは、国連と全ての加盟国政府が、その創設の原点をあらためて想起し、核兵器全面禁止・廃絶条約を主題とする会議の開催をはじめ、核兵器のない平和で公正な世界の実現のため誠実に行動するよう切望します。そのためにまず、この9月の国連加盟国首脳会議(国連サミット)とそれにつづく国連総会を、核兵器廃絶への具体的な道筋をつける場とするよう強く要望するものです。
 私たちは、被爆60年にあたり、被爆国日本と世界の諸国民の世論と運動をさらに発展させる決意を新たにすると共に、原水爆禁止2005年世界大会の総意として、「長崎を最後の被爆地に!」の願いをこめて、この手紙を国連とその全ての加盟国政府に送付いたします。
200589
原水爆禁止2005年世界大会




Lust updated: 2012/06/17
戻るページトップへ戻る