--TopNews_2014--

■■Menu■■
ホーム
New!! Top_News


 ピンチをチャンスに 諸課題跳ね返し前進を

■神建連「2014年組織活動者会議■ 2014/07/13-14

 神建連は13日、「2014年組織活動者会議」を熱海後楽園ホテルで開催。秋の組織拡大月間と賃金引き上げ、公契約条例などの運動課題について意思統一しました。

 氏家正一・神建連書記長は基調報告で、「安倍政権による『戦争する国づくり、解釈改憲、集団的自衛権行使、立憲主義否定』などの国民無視の暴走政治」を批判。「憲法九条守れ!」の反対世論を広げる運動への決意を表しました。マイナンバー制導入による社会保険未加入資格の厳格化に対しては、機会をとらえ役員と書記局が一体となって取り組んでいくことの基本方向を示し、確認されました。また、当面する運動課題として、「賃金引き上げ、法定福利費別枠確保、年金加入促進、年金制度改善」などをあげ、「9・2総決起集会」は、要求実現を求める対県交渉。アスベスト訴訟勝利、リフォーム助成拡充など仲間の命と健康を守り、仕事確保と技術技能向上をめざす課題を提起しました。
                                             (瀧川 恒夫)




 丸のこ教育講習会20人が参加 支部で開催

■丸のこ等取扱い作業従事者教育講習会■ 2014/07/10

 丸のこ等取扱い作業従事者教育講習会が7月10日、神奈川区旭ヶ丘の支部事務所で行われ、組合員ら20人が参加しました。

 組合に届けられる労災事故の受付には、電動工具による労災事故が絶えません。 現行では、丸のこ作業従事者教育は必須ではありませんが、「労働者に行う安全教育は事業主の義務」であることから、組合員の要望により今回、開催することとなりました。

 講師は、横浜職業訓練校の講師でもある菊地功さん(26分会)。座学では、安全衛生教育テキストをなぞりながら、危険な作業などは実例をあげてわかりやすく説明されました。
 実技の講習では、ふだん使い慣れている丸ノコ作業ですが、指さし確認や電源コードの確認など、基本動作では戸惑うケースもありました。
 この講習は、当たり前に使用している丸のこの取り扱い方を、安全作業に必要な基本知識や正しい使用方法を理解するうえでもいい機会となりました。

 20人以上が講習の開催条件となりますが、今後、組合員の要望があれば、支部独自に開催を行っていきます。やってほしい講習などがありましたら、是非お声かけください。
                                             (金澤 拓也)




 「安心して暮 らせる土地を返せ!」 避難者語る

■なくそう原発かながわ区実行委員会■ 2014/07/05

  「なくそう原発かながわ区実行委員会」主催の神奈川区集会が7月5日、 反町公園で開かれ、総勢100人(神奈川支部は11人)が参加しました。
 集会後のパレードは、シュプレヒコールと原発No!の替え歌を大きな声で沿道の人々に訴え、→平川町→西神奈川→東白楽→東神奈川イオンのコースでデモ行進しました。

 集会で主催者は、「東京電力福島第一原発事故の「風化」を許すな。現在の被害状況を明らかにせよ」と挨拶。そして、「原発のない社会をめざす運動の連携を強めよう」と訴えました。

 また、原発被災地域は3年経っても未だ終息さ れない現状に、避難を余儀なくされている被災者本人が、「国・東電には、キッチリと賠償責任を果たしてもらう。安心して暮 らせる土地を返せ!原発はいらない!」と力を込めて生の声で、発言された事・・・心を打たれました。
                                             (中村 雅夫)




 「集団的自衛権反対 法定福利費確保」全国から6000人

■全建総連「予算要求中央総決起大会」■ 2014/07/02

全建総連は7月2日、東京・日比谷公園大音楽堂で「予算要求中央総決起大会」を開き、全国の建設組合から約6000人の仲間が集まりました。

 全建総連の深澤副委員長は、厚生労働省を始めとする各省庁への交渉団を代表して力強い決意を表明。来賓挨拶では、各政党の代表者が我々の要求を「一緒に実現したい」と約束しました。

 最後に、青年代表が壇上に並び、「賃金引き上げ、消費税増税反対、建設国保の補助金切り下げ反対」など、大会決議を立派に読み上げ、満場一致の拍手で採択されました。

 集会後、銀座を経由して東京駅までデモ行進を行い、前日に閣議決定した集団的自衛権の行使反対のほか、「法定福利費の確保、賃金単価引き上げ、消費税増税反対」などを訴えました。
                                             (八川 純平)




 社会保険未加入対策は「総仕上げの年に」

■横浜市建設労働組合連合会「定期総会」■ 2014/06/20

 横浜市連(横浜市建設労働組合連合会)は20日、建設プラザで定期総会を開き、運動方針案や予算案など採択、新執行部を選出しました。

 二方会長は、「2万を超える横浜市の建設連合会で公契約条例や入札制度など奮闘したい。解釈改憲の企てには断固反対し、国保を守る闘いを進めたい」と挨拶しました。

 神建連白田会長や各地区協議会の代表挨拶。関係諸団体の来賓から連帯の挨拶がありました。

 吉良書記長は重点課題として、社会保険未加入対策は「総仕上げの年にしたい」と決意を示し、人間らしく生活できる賃金確保へ手立てを尽くすと強調しました。
                                             (瀧川 恒夫)




 各団体から発言 明るい神奈川区会発足

■革新と共同の会総会■ 2014/06/19

 革新と共同の会総会が6月19日、共同センターで行われ、地域の民主8団体22人、神奈川支部から5人が参加しました。

 この会は、毎月行っている東神奈川駅での宣伝行動や反原発運動を共に取り組む重要な拠点となる会。神奈川支部から役員を選出しています。

 日本共産党の大山さんから、県臨調での県有地売却問題、子育て支援が公約とは逆行していることなど県政報告がありました。
 また、各団体発言は、日産車体を不当解雇された若者から裁判闘争で全面敗訴を受けた経緯、年金者組合から年金引き下げの実情、柴田前市会議員から生活相談が増え続けている報告がありました。
 総会後、「明るい神奈川をつくる神奈川区の会」の結成総会も行われ、来年4月22日に行われる予定の県知事選では、県民の声が届き生活ができる県政実現に向けて提案が行われました。
                                             (金澤 拓也)




 市民要求実現の共同センター

■横浜市民団体連絡会総会■ 2014/06/18

 市団連(横浜市民団体連絡会)は18日、建設プラザで2014年度総会を開き、「市民要求実現に向けた共同センター」としての役割を強調しました。

 具体的な取り組みとして、市民「3大要求」(@中学校給食実現、A小児医療費助成制度拡大、B介護保険制度充実の要求)を通年要求とし、実現へ提言しました。
 市政課題への取り組みは、新市庁舎問題やカジノ問題、学校教育関係など分野別要求は、関係団体の連携や共同行動を追求。子育て新システム、公契約条例、商店街振興などについても共同行動を追求していくことを確認しました。
                                             (瀧川 恒夫)




 奉仕、相談活動 4会場目も実施  

■全国統一「第37回住宅デー」■ 2014/06/15

 神奈川支部26分会は15日、東寺尾の菊地工務店で住宅デーを開催しました。会員は10時から午後3時まで、包丁研ぎとハサミ研ぎ、まな板削りに汗を流しました。

 参加者は、菊地、東、菊地、高橋、川合さんの5人でした。




                                             (瀧川 恒夫)




 奉仕、相談活動 3会場で実施  

■全国統一「第37回住宅デー」■ 2014/06/08

 全国統一「第37回住宅デー」が8日、全国各地で行われ、神奈川支部は3会場(ほか1会場は来週の予定)で奉仕、相談活動を実施しました。
 書記局は各会場を訪れ激励しました。






 11・12分会は、大口仲町の田中建設作業場で朝早くから準備にかかりました。
 事前の連絡で開始時にはすでに、まな板やハサミ、包丁など受付台に30以上並べられ、番号整理が丁寧に行われました。その後もひっきりなしに注文が続き、合わせて80あまりになりました。
包丁研ぎは、渡辺さんや三浦さん、厚海さん、加藤さんらが、まな板削りは田中さん、ハサミ研ぎは石川さんが休みなしで作業を続けました。皆で一致団結、冗談が飛び交う会場でした。
 参加者は、石川、渡辺、斉藤、加藤、鈴木、加山、田中、三浦、厚海、三浦、小宮さんの11人。

 17・18分会は、東横線菊名駅そばの大豆戸町内会会館そばの神社前。会館は老人会が開かれ、見かけて注文する人が例年います。包丁とハサミ研ぎは25余り注文がありました。参加者から「来年は表通りで開催するのもいいな」と抱負が話されました。
 参加者は、川上、佐々木、鈴木、岸、石川、中山、武田、大羽さんの8人でした。



 20分会は、分会議場でもあるガーデン山自治会館を会場に、分会のテントを張りました。伊井静江さんは数日前に、会場周辺に宣伝チラシを戸別配布して、その効果で注文が来ています。
 包丁やハサミのほか、注文の変わり種で農作業用のクワまで持ち込まれ、山口さんと伊藤さんは丁寧に研ぎ出ししていました(写真上)。
参加は宮、伊井、伊井、伊井、伊藤、角田、山口、今田さんの8人でした。

                                             (瀧川 恒夫)




 組織拡大し生活向上を目指す

■神奈川県建設労働組合連合会「第60回定期大会」■ 2014/06/01-02

 神奈川県建設労働組合連合会は1日、熱海後楽園ホテルで「第60回定期大会」を開きました。

 議案は、分科会で専門分野ごとに討議され、そこでの提案も付託され、全体会で原案通り採択されました。

 白田宏記会長は、「アベノミクスは国民に負担を押しつけるだけ。消費増税、原発再稼働、TPP、労働法制−−組織拡大を保障に憲法を活かし、生活向上を目指す方針を固めましょう」と挨拶しました。

 組織拡大で建設横浜は、年間実増組合として表彰。鶴見支部は3%実増支部として表彰されました。
 組織拡大「年間実増支部」として建設横浜は7支部。神奈川支部は中村執行委員長が表彰を受けました。

                                             (瀧川 恒夫)




 「若者が希望を持って入職できる」産業づくりをめざす  

■横浜建設一般労働組合「第6回定期大会」■ 2014/05/25

 「第6回横浜建設一般労働組合定期大会」が25日、鶴見駅西口・鶴見大学会館で開かれ、300人余りの参加者は2014年度運動方針案や予算案を採択しました。

 吉良書記長は運動方針で、建設労働者の社会的処遇改善の大運動を進めるとして、@年金制度の確立、A法定福利費の確保、B保険料率負担軽減により社保加入の促進などをあげ、「若者が希望を持って入職できる」産業づくりをめざす、との決意を示しました。

 大会は、「私たちの組織は2年連続で増勢となり、今大会60名の実増を果たした。組合員との徹底的な対話を軸に、新たな仲間を迎えることができた。この成果が止まることなく、厳しい情勢を跳ね返し、さらに強固な組織建設を目指していこう」との大会宣言を満場一致で採択しました。
                                             (瀧川 恒夫)



 1300人の支部をさらに前進させよう  

■建設横浜神奈川支部「第69回定期大会」■ 2014/05/18

 「第69回建設横浜神奈川支部定期大会」が18日、新横浜・ソシア21で行われ70人が参加。運動方針、予算案を承認し、新年度のスタートを切りました。

 中村執行委員長は、神奈川支部の組合員数が拡大運動によって1300人を超えたことに謝意を示したあと、全ての運動の前進を団結によって支えようと挨拶しました。

 「時代の社会機構・人の営みを根底から支え来た、これからも支え続ける建設産業。ここに身を置く仲間たちが社会から尊敬され、私たち自身も社会的責任を自覚して共に生きていくこと」。―その実現にむけて、「@労働者の処遇改善A年金権の確立、社会保証運動を中心に闘う方針」の具体化の提案は、参加者の新たな決意を込めた大きな拍手で採択されました。
                                             (瀧川 恒夫)




 アスベスト訴訟第2陣50人提訴する  

■「首都圏建設アスベスト訴訟第2陣提訴・神奈川集会■ 2014/05/15

 アスベスト被害の根絶と被害者全面救済を求めて、「首都圏建設アスベスト訴訟第2陣提訴・神奈川集会」が15日、関内ホールで開催され、500人を超える参加者は、早期解決を実現するために、「勝利するまで全力で戦い抜く」強い意志を誓いました。

 集会のあと、原告団と弁護団、支援者は、横浜地方裁判所までシュプレヒコールをあげながらデモ行進。地裁に提訴したあと、支援者と一体になって「ガンバロー、ガンバロー、ガンバロー」と拳を突き上げました。

 横浜地裁へは、第1陣の75人に続いて、第2陣は50人が原告として立ち上がりました。第2陣は、「不当判決を跳ね返すことはもとより、東京地裁判決で退けられた一人親方や事業主を救済するために、国の責任を高いレベルで認めさせ、アスベスト建材企業の責任を明確にさせる判決を必ず勝ち取る」決意です。そして、全ての建設アスベスト被害者を救済するために、被害者救済基金の創設や法改正など、制度政策要求を実現するために全力をあげます。                                        
                                             (瀧川 恒夫)




 「核兵器廃絶と平和の願い 元気に平和行進  

■国民平和大行進■ 2014/05/12

 「なくそう!核兵器 一歩でも二歩でも、ご一緒に歩きましょう」――国民平和大行進は12日、神奈川区役所前の反町公園で引き継ぎを行いました。

 9時に始まった集会には60人の仲間が集合。神奈川支部からは12人が参加しました。
 澤田神奈川地区労連議長は、「核兵器廃絶と平和の願いを声に平和行進をして、広島、長崎につなげましょう」。通し行進者は、「あなたの一歩が世界を変えます。さあ、歩きましょう」と、元気に挨拶し、好天に恵まれたなかを出発しました。

 「核兵器のない世界をつくろう!」「イイネッ!」「核兵器廃絶いつやるの?」「今でしょ!!」と、シュプレヒコール。強風に負けない元気な声を上げながらデモ行進しました。
 建設プラザ前で、県連事務局員が大きく手を振り応援。瑞穂埠頭では柴田さんがマイクを握り、米戦車を立ち往生させた1972年当時の運動を紹介しました。
 みなとみらい地区を通り、馬車道付近ではビルの谷間を、平和を願う声が響き渡りました。昼休みで通行人が多くなった横浜市役所前で別コースの仲間と合流して、神奈川県庁まで行進しました。
                                             (八川 純平)




 「立ち上がらねば、手遅れ」 憲法を大切に  

■5・3県民のつどい■ 2014/05/03

 67回目の憲法記念日を迎えた3日、「憲法改悪を許さない5・3県民のつどい」が東神奈川・神奈川公会堂で行われ、2つの講演に約300人の参加者は耳を傾けました。集会後は、六角橋、東横線白楽までデモ行進しました。

 神奈川憲法会議の森代表委員は主催者として、「憲法の理念を大切にする思いを互いに確認する今日の集まりにしたい」と挨拶しました。

 常岡(乗本)せつ子・フェリス女学院大学教授は、「集団的自衛権と憲法9条―日本国憲法の国際的意義」について講演し、集団的自衛権の行使に向けた解釈改憲による安倍政権の動きを批判。阿部法制懇の提言は、日本国憲法の平和主義を根底から覆すもの。武力攻撃に至らない事態にまで自衛隊を出動させようとしている、と指摘。「国際社会の平和は、軍事力によって実現できない。日本国憲法に忠実に、非軍事的な方法で、国際的な役割を果たすこと、さらには、戦争や紛争の土壌になっている構造的暴力の除去こそが国際社会から求められている」と結びました。

 「狙われる教育―阿部教育『改革』の実態」と題した阪田弁護士の講演は、昨年10月以降に矢継ぎ早に出される「教育再生政策」を説明し、阿部政権の狙いを@世界で一番企業が活動しやすい国、A戦争できる国、B教育への政治によるコントロールと指摘。阪田さんは、「教育は人権である。国家を守ることではない。安倍政権は子どもを政治に利用しようとしている。教育は変更になれば静かに進む。いま立ち上がらねば、手遅れになる」と訴えました。
                                             (瀧川 恒夫)




 働くものの権利強調 メーデー 

■第85回神奈川県・横浜メーデー■ 2014/05/01

 働く者の祭典「第85回神奈川県・横浜メーデー」が1日、関内・横浜公園で行われ、「働くもののの団結で生活と権利を守り、平和と民主主義、中立の日本をめざそう」と訴えました。

 主催者挨拶に立った神奈川労連の水谷議長は、労働成果主義や残業代ゼロなどルール無視する安倍内閣の暴走を批判。「やがて正社員がいなくなり、派遣労働者だけ。過労死は増大し、人間否定の社会になる。早急に大集会・パレードで断固反対していく」と呼びかけました。
                                             (瀧川 恒夫)




 支部勢力1300人の大台か 春の拡大82人の成果 

■春の拡大月間最終日■ 2014/04/15

 神奈川支部は3月1日から始まった拡大月間最終の4月15日、過去最大82人の新しい仲間を迎入れる成果を得て、春の拡大月間は一旦終了しましました。脱退者数次第ですが、支部勢力はこれにより、1300人の大台に乗る可能性が見えました。

 昨日まで74人の拡大数が、今日は11時半に3人、16時に2人、19時に3人。この日は8人が新加入となり、夜の打ち上げには、「82人の拡大数」が報告されました。

 主婦の会は豚汁を調理して、打ち上げの準備。軽食が用意されました。
 拡大行動に参加した内田さんは「脱退防止に力を入れるのも大事」、矢野さんは「懐中電灯は必需品だね」、菊地さんは「行動参加者を増やして、盛り上げたいね」、金子さんは「秋にはもっと拡大したい」、須崎さんは「地道な種まきで82人の成果」、青柳さんは「日常業務に支障を来すほど嬉しい悲鳴でした」、八川さんは「組合、役員を信頼して対象者と来てくれた。秋に繋がっていく拡大になった」、と、それぞれ感想を述べました。
 佐藤さんは「主婦会は組合員5人、会員5人。目標達成しました」と報告。中村執行委員長は「お疲れ様」と参加者を労いました。
                                             (瀧川 恒夫)


拡大月間を振り返って

 年明けから始まった「春の拡大月間」は、4月15日で一つの区切りとなりました。神奈川支部は、月間中、82人の仲間を増やすことに成功しました。この成果は多くの組合員の協力の賜物で、また、「組合を求めている」声の多さとも言えるものでした。横浜市国保の値上げや社会保険の相談、一人親方化による労災加入、税金相談など建設業の置かれている状況は悪化。それがまた、新加入の理由ともなっています。

 神奈川支部の拡大運動は、「組合員が組合への理解を深め、仲間を増やす大切さを理解し、組織強化を進める」ことが基本です。具体的な行動として、役員や書記による組合員宅訪問がベース。「拡大する人を拡大!」を念頭に、組合業務をあらためて説明し、「何かあったら組合に相談を」と、多くの仲間に呼びかけました。ここ数年で、多くの組合員の理解も深まりました。今月間では、新加入者の9割以上は仲間からの紹介によるものでした。

 「まず、組合に相談したら・・」と組合員が親会社に進言。親会社から連絡があって、社会保険の相談を受けるなか、外注だった職人が従業員となり、建設国保と厚生年金でのセット加入による組合加入の例がありました。
 また、個人所得税の税金相談をきっかけに、組合に加入するケースも年々増えています。
 「少しでも節税のために」との相談。その組合員からの紹介で、「ちょっとこの人の税金も見てやってくれ」と、連れてきて加入につながる例もありました。
 現場確認があり、「労災に加入しないと現場に入れない」と相談を受けた組合員(一人親方)からの紹介で加入にも繋がっています。
 そして、建設国保加入のための紹介で組合に加入するケースは大半を占めています。

 近年、加入するきっかけの一番は建設国保でしたが、工事保険や自動車共済、市連共済など組合のメリットは、他にもたくさんあります。これからも組合制度メリット普及のために、組合員さん宅や事務所訪問を行いますので、よろしくお願いします。
                                             (金澤 拓也)




 家族揃ってバーベキュー、ビールに酔う 

■キリン生麦BBQ&拡大決起集会■ 2014/04/06

 神奈川支部主催 「バーベキュー&拡大決起集会」が春めいた4月6日、昨年に続いてキリン生麦工場内のビアポートで行われました。

 昨年の参加者から「またやって欲しい」という要望と、組合員訪問で「参加してみた い」という声に押され、今年も開催することになりました。当初は先着90人の予定でしたが、あっという間に人数が埋まり、ギリ ギリいっぱいの102人の参加。初めて参加した組合員家族は30人。今までの行事とはまた違う顔ぶれでした。

 中村執行委員長は、乾杯の挨拶。「現在、神奈川支部組合員は1290人で、過去最高数を更新しています。ぜひとも、拡大月間中に1300人の神奈川支部にしましょう」と、参加者の協力を求めました。
 
 どんどん焼かれる肉。野菜をほうばる姿。日頃の疲れをビールで忘れるような勢いの組合員の姿が、あっちこっちで見られました。参加した組合未加入の人は、「こんな楽しい組合なら加入を考えてみようかな」と話していました。最年少は1歳の子どももいました。あった言う間に、食べ放題、飲み放題の時間は過ぎました。

 最後に参加者全員で写真撮影。タイミング悪く雨が降ってきてしまい、外での撮影ができませんでしたが、102人みんなでぎゅっと集ま ってにっこり写真を撮りました。
 参加した子ども達は、「また来たい」と、うれしい感想を寄せました。残念ながら参加できなかった方は、またの機会をお楽しみに・・・。
                                             (金澤 拓也)




 「同じ苦しみを味わって欲しくない」 福島被災を語る 

■さよなら原発神奈川区実行委員会「神奈川区のつどい」A■ 2014/03/16

 福島原発による被災で横浜に避難している唯野久子さんは16日、「神奈川区のつどい」で原体験と実情を語り、そして、原発の問題点を指摘しました。

 「時間の経過と共に故郷が破壊されている」―唯野さんは無念の涙を流しているといいます。
 最近、右目のまわりが痛くなり、診察結果で「眼球の裏の神経に細かい傷がある」と言われた。医師は「ストレス障害が原因だ」と指摘。思い起こしてみると、東京オリンピック招致が決定したあとだと気づいた。福島県民を置き去りにした思いに囚われ、「くやしくて・・」。

 命と健康を奪われた人が16,000人。1,667人が亡くなって、南相馬市ではその半分800人に自殺者がいます。76人の子どもに甲状腺ガンが見つかっています。日常生活を奪われ、家族はバラバラ。私も父を残し、二重生活をしています。地域社会は崩壊しました。そして、自然を奪われました。放射能物質による汚染水が流れ出て、海も汚れています。

 怒りを通り超しています。政府は再稼働しようとしています。国民はだまされています。実際、原発で被爆しても「福島は安心」と言い続けていました。川内原発を再稼働しようとしていますが、「私たちと同じ苦しみを味わって欲しくない」。
 唯野さんは、「国民、市民の運動が大事なので、できるだけ多くの人に意見を広めて欲しい」と語りました。
                                             (瀧川 恒夫)




 再生可能エネルギー政策に舵を切ったドイツ

■さよなら原発神奈川区実行委員会「神奈川区のつどい」@■ 2014/03/16

 福島第一原発事故から3年「やめて!再稼働 神奈川区のつどい」が16日午後、共同センターで行われ、トーク&ライブで賑わいました。

 東京弁護士会所属の千葉恒久弁護士は、原発を廃止し再生可能エネルギーに舵を切ったドイツのエネルギー政策について、その経緯を話しました。

 最初はエゴだと言われたが、市民による反対運動が強くなってきたとき、事件が起きた。ヴィール原発を州政府は許可し、住民投票は6・4で推進派が勝利した。その2日後、2万8千人が「原発はいらない」とその過疎地に押しかけた。警官隊は放水するなど弾圧したが、反対派の抵抗に押され結局撤退した。100人余りは住み始め、学校を開き音楽活動なども始めた。そして、原発の建設を止め、その計画は頓挫した。

 その後、各地に候補地が上がると押しかけ占拠した。何万人も集まった。70年代後半のこと。「ヴィールの二の舞はさせない」と、政府は放水車を出したり堀割を作ったりヘリコプターも飛ばし弾圧した。

 再び浮上した廃棄物問題。「ゴミ処理ですら解決しないではないか」。反原発団体は「どこもダメ」ボーリング調査も追い出した。
 州首相アルブレヒトは「ゴアレーベンを暫定的な候補地とする」と宣言。猛烈な反対運動が起きた。「ゴアレーベンは生きなければならない」というスローガン。ゴアレーベンに向かってトラクターや自転車、歩いて10万人が入った。79年5月、「ゴアレーベンにおける再処理施設の建設は困難である」と結論が出された。

 もう一つの事件。80年5月ボーリング予定地に、ヴィールと同じように町を作って暮らし始めた。クリニック、幼稚園作り始めた。そして共和国を作った。マスコミ、政治家も応援した。後に脱原発政策を取った若き日のシュレーダー首相もいた。6月4日早朝、6500人の警察官によって排除され、33日後に「共和国」は消滅した。

 チェルノブイリ原発事故が起きた後も、「自分の国は大丈夫」と無視し続けた。が、87年に核廃棄物違法輸送スキャンダルがあり、ビブリス原発の放射能漏れ事故が起きた。
 「あてにならない原発」―反対する市民は88万1千人。一人ひとりが「異議申し立て」を行い、1ヶ月。5分の1のところで、州政府は断念した。再処理工場を作らせなかった。新設はダメ、再処理もダメ。90年代前半、原発政策は崩壊したが、「必要悪」という主張でエネルギー政策はまだ変わらなかった。

 ドイツをひっくり返す風車ブームがおきた。市民が風車を作り、評判で広がった。再生可能エネルギー、水車に加えて風車。どんどん加速した。92年に1149台が、95年には3625台。2001年には10000台となった。アーヘン市民の発案でアーヘンモデル(発電コストに見合う価格で買い取る)が広がった。アーヘン市の太陽光発電設備容量は約20倍に増大した。

 98年、シュレーダー新首相は連邦会議演説で、「原発のない新しいエネルギー政策」への転換を宣言。2000年6月、連邦政府と電力企業の間で、脱原発合意が成立した。

 そして、水力に加え風力やバイオマス、太陽光による再生可能エネルギー発電量が爆発的に増大していった。
 「誰が再エネ発電施設を設置したか?」―個人と農民で半数を占め、民間企業やメーカーは遅れをとった。07年以降、約55の自治体が自前のエネルギー企業を設立。170以上の自治体がエネルギー供給網を取り戻した。

 千葉さんは、「脱原発はどうして実現したか?」次のようにまとめた。
@市民(社会)が原発のリスクを受け入れなかった。
A原子力技術そのものが技術的・経済的に未熟であった。
B代替エネルギー(再エネ)が飛躍的に伸び始めた。
C中央集権的なエネルギー政策の構造が崩壊し始めた。
                                             (瀧川 恒夫)




 原発ゼロへの政治決断を!

■さよなら原発かながわ区実行委員会■ 2014/03/16

 「原発ゼロへの政治決断を!」と、さよなら原発実行委員会は16日、JR東神奈川駅頭で宣伝行動を行いました。

 地区労連や年金者組合、新婦人など22人が参加。そのなかで建設横浜神奈川支部8人は「アスベスト署名」活動なども行いました。

 東電福島第一原発事故から3年。事故の原因は解明されず、収束どころか放射能汚染水は漏れ続け、危機的な状況です。
 このような被害者や国民の声を無視して、安倍政権は原発を重要電源とする「エネルギー基本計画」を決定し、原発推進・再稼働へ進もうとしています。

 沢田地区労連議長や前市長選挙立候補者の柴田豊勝さんもマイクを握り、「原発をなくし、再稼働に反対しましょう」と訴えました。
 この日は好天に恵まれて人通りはよく、訴えかけに耳を傾けながら宣伝チラシを受け取り、署名に協力する家族連れなどが目につきました。
                                             (瀧川 恒夫)




 「くらし、営業、雇用を守れ」伊勢佐木町をデモ行進

■3・13重税反対全国統一行動「横浜労連地域総行動集会デモ」■ 2014/03/13

 重税反対全国統一行動の13日夜、横浜労連は横浜公園に集まって集会。その後、強い雨が降りしきるなか、伊勢佐木町商店街を通って日ノ出町までデモ行進しました。

 集会では、「くらし、営業、雇用を守れ」の声が叫ばれ、運動を強め国民共同の行動を起こすよう提起されました。

 デモ行進は、「賃金あげろ」「消費税増税やめろ」「憲法改悪反対」「年金改悪やめろ」などシュプレヒコールをあげ、沿道に訴えました。
                                             (瀧川 恒夫)




 怒りをアピール 消費税・庶民増税の反対

■3・13重税反対全国統一行動「港北・神奈川集会」■ 2014/03/13

 消費税増税直前の3月13日、「3・13重税反対全国統一行動」が新横浜駅前公園で行われました。

 神奈川支部の主な管轄である神奈川税務署に対して、建設横浜神奈川支部のほか港北支部、神奈川土建、民商、年金者組合、新婦人など地域で活動する12団体、250人が集まり集会、デモ行進を行いました。

 この集会の目的は、消費税・庶民増税の反対。4月からの消費税増税がされれば不況がさらに落ち込み、中小企業の生き残りは困難になります。そして、増税の使い途は、社会保障のためでなく大企業の減税にまわされます。過去の消費税の5%の増税後にも、大企業の減税に回されてきました。消費税の増税がされても、私たちの生活にはいっさい戻ってきませんでした。大企業や高所得者の都合の良いように決められたらたまりません。政府に対しその怒りをアピールに込めて、新横浜から神奈川税務署に向けてデモ行進を行いました。

 税務署では、実行委員長が要請文を手渡し、納税者に対し「実態に合わせて調査や納税を行う」 よう要請しました。その後、新横浜駅前で「庶民増税反対」を強く訴える宣伝行動を行いました。
                                             (金澤 拓也)




 「賃金あげろ」シュプレヒコール訴え

■2014県民集会■ 2014/03/02

 景気回復が遅遅として進まぬなか、「2014年県民集会」が2日、横浜公園で行われました。

 小池晃参議院議員から国会情勢報告が行われ、現政権の暴走が明らかになりました。

 落語家の立川談之助さんはステージに立ち、暮らし・政治の話題を砕いて話し、皆を笑わせました。

 秘密保護法や原発、アスベスト問題など各団体からのアピールがありました。

 集会のあと、デモ行進はみなとみらい地区と山下公園へむけ、「賃金あげろ」「憲法改悪反対」「消費税増税やめろ」などシュプレヒコールを繰り返し、沿道に訴えました。
                                             (瀧川 恒夫)




 建設国保設立の歴史的経緯と課題 講演する

■神奈川県建設連合国民健康保険組合「第90回組合会」講演■ 2014/02/25

 「社会保障をめぐる情勢の特徴、建設国保の歴史的経緯と教訓とこれからの課題」と題した講演が25日、神奈川県建設連合国民健康保険組合「組合会」で行われました。

 全建総連の松尾真一郎社会保障対策部長は、「『ケガと弁当は手前持ち。俺たちに健康保険を』の要求を実現する日雇健康保険法が、昭和28年に成立。組合を事業主をみなす『擬制適用』を勝ち取った。39年、赤字を理由に日雇い健保廃止が打ち出され、6年間にわたる廃止反対闘争を続けるも、45年、擬制適用が廃止。『市町村国保に移りなさい』の通知に対し、国保組合の新設を特例で認めさせる。事業内容や保険料などを自分たちで決めていく、建設国保の設立となりました」と歴史的経緯を説明しました。

 国保組合をとりまく情勢として、補助制度の確立と削減攻撃。そして、小泉改革以降の社会保障制度の全面見直しなど数字をあげて詳細が話されました。

 建設国保を守る主要3課題は、@補助制度見直しと予算確保のたたかいA市町村国保都道府県単位化による影響の打開B適用除外措置の見直しをあげました。
                                             (瀧川 恒夫)




 ピンチをチャンスに組織拡大

■建設横浜「組織拡大総決起集会■ 2014/02/17

 建設横浜「組織拡大総決起集会」が17日、建設プラザで開催され、社会保険未加入問題の現状と課題を学習。「ピンチをチャンスに変えて組織を拡大強化し、要求実現の大きな力にしょう」と決意しました。

 二方執行委員長は冒頭の挨拶で、「魅力的な建設産業にする大きなチャンスの拡大月間にしよう」と呼びかけました。

 白田神建連会長は、「賃金アップ、自分たちで決められる単価。攻めの姿勢で取り組もう」と訴えました。

 井上県連賃対部長は、「税金を使った施策で1次会社に金は来ている。まともな職人は請求すれば貰える。力を合わせて請求する。声を出して取る。組織の力で単価を上げましょう」と強調しました。

 神奈川支部の金沢主任書記は、K建設元請現場従事者の現場改善要求に応え、仮設トイレの不備・不足や悪天候時のずぶ濡れ朝礼の強要改善の文書回答を勝ち取った成果を報告しました。
                                             (瀧川 恒夫)




 神奈川の会「結成」 全国から支援表明

■建設アスベスト訴訟を支援する神奈川の会「結成総会」■ 2014/02/04

 「あやまれ!つぐなえ!なくせ!アスベスト被害」建設アスベスト訴訟を支援する神奈川の会は4日、開港記念会館で結成総会を開催。応援メッセージが各所から届き、首都圏から多数の仲間が支援を表明しました。

 アスベストの危険性が明らかなのに、国は労働安全・環境保全よりも経済・産業の発展を優先し、規制を遅らせました。そして、建物の耐火のためとしてアスベスト建材の使用を法令で義務付けました。アスベスト建材製造企業も代替品の開発に着手していましたが、安価なアスベストを使用し利益を優先し、被害を拡大させました。
 その結果、アスベストの危険性を知らされずに建設現場で働いてきた私たちに、深刻な健康被害をもたらしました。拡大表示します
 私たちは、こうした行為を許すわけにはいきません。

 私たちが国とアスベスト建材企業に求める要求
 ○責任を認め、すべての被害者に謝罪せよ
 ○すべての被害者に全面補償せよ
 ○被害者補償基金を創設せよ
 ○新たな被害者を出さないため、粉じん暴露予防策を確立せよ

 アスベスト問題は、私たちだけの問題ではない
 日本においてアスベストは、使用が禁止されるまで焼く1千万トンも輸入され、その大半が建設資材・建材として使用されました。阪神淡路大震災で、わずか数日間の復旧作業にあたった方が、中皮腫というアスベスト特有の病気にかかるなど深刻な健康被害が広がっています。今後、アスベストを使用した多くの建物の解体期を向かえます。私たちは国の責任でのアスベスト被害根絶を求めています。

 「私たちの『いのち』と『尊厳』を守る公平、公正な判決を」署名のご協力を!
                                              (瀧川 恒夫)




 アスベスト被害訴え、署名を呼びかけ

■神奈川地区労連「旗開き」■ 2014/01/30

 神奈川地区労連は30日、神奈川区役所食堂で「旗開き」を開催しました。

 澤田逸夫議長は、「政治を変えていかないと世の中は良くならない。私たちの要求を春闘に結集して訴えかけましょう」と主催者挨拶をしました。

 神田神奈川労連事務局長は、「賃上げにつながる春闘にしたい。”増税反対決議”で3・13集会に合流する予定。動きをつくっていく」と、訴えかけました。

 建設横浜は、支部から7人が参加。首都圏建設アスベスト原告団の本田照子さん(19分会)は被害者の苦痛を訴え、金沢書記はアスベスト署名を呼びかけました。
                                              (瀧川 恒夫)




 組織拡大を成功させ飛躍の年に

■神建連「新春のつどい」■ 2014/01/28

 神建連は28日、ロイヤルホールヨコハマで「新春のつどい」を開催。200人余りが参加しました。

 白田会長は、「全建総連は6年ぶりに組織を大きく前進。神奈川は5分の1の拡大をした。次年度は設計労務単価を反映させる”関ヶ原の戦い”。現場で賃金を決める、1年目にしたい」と挨拶しました。

 清水全建総連書記次長は、「労働賃金は、運動をしなければ上がらない。使える標準見積書を作っていく。公契約条例は首都圏だけでなく全国に広がった」と、全建総連の運動の成果を強調しました。

 住谷神奈川労連副議長は、「大幅賃金引上げ、仲間増やしを柱に労働者の権利を守る戦いを一緒に闘いましょう」と、春闘への結集を呼びかけました。
                                              (瀧川 恒夫)




 政村議長 賃上げ強調

■横浜労連「2014年旗開き」■ 2014/01/22

 横浜労連は22日、横浜市従会館で「2014年旗開き」を開催しました。

 政村議長は主催者挨拶で、賃金引き上げ、ベースアップの必要性を強調しました。

 来賓は、神奈川労連やかながわ労働センター、横浜市経済局などから挨拶がありました。
                                              (瀧川 恒夫)




 100人あまり参加、新年のスタート

■神奈川支部「新加入者歓迎&新春のつどい■ 2014/01/19

 神奈川支部は19日、「新加入者歓迎&新春のつどい」をソシア21で開催。100人あまりが参加し、新年のスタートを切りました。

 中村雅夫執行委員長は、社会保険未加入問題や労働環境改善の運動、建設国保を守る運動などへの協力に謝意を示したあと、「諸要求実現のため、組合員を増やしましょう」と訴えました。

 須田利正本部書記次長は、「老後の暮らしに不安のない、年金権の確保が重要課題だ。将来、子どもや孫に自慢できる制度を作り上げていこう」と呼びかけました。

 澤田逸夫神奈川地区労連議長は、「かつて、先輩たちはストライキなどして、労働者の権利を行使してきた。労働者が安心して暮らせる社会めざし、ブラック企業など出させない運動に取り組みます。地域でともに頑張っていきたい」と連帯の挨拶をしました。
                                              (瀧川 恒夫)




 運動の先頭に立つ 役員も決意固める

■横浜市連「新春のつどい」■ 2014/01/10

 横浜市連は10日、横浜西口ホテルプラモコスモYで「新春のつどい」を開き、役員ら170人が参加しました。

 二方節男・市連会長は、予想される厳しい状況を示したあと、「拡大月間の先頭に立って闘う」と強調し、運動への決意を表しました。

 白田宏記・神建連会長は、「消費増税で手控えが予測されるし、アベノミクスは反映されない。賃金引き上げのために共同行動をとっていきたい」と述べました。

 神田雄一・横浜労連事務局長は、「ブラック企業は若いマンパワーを吸い取り、抜け殻ににしてポイ捨て、根が深い。いま、労働組合の存在が問われている。春闘に結集し、世論に呼びかけたい」と訴えました。

 横建協は「労使の立場を超えて、意見交換しながら共に歩みたい」、技連協は「明るい見通しがもてる後継者育成に、努力したい」など話があり、そして、自民党・公明党・共産党など、各政党から連帯の挨拶がありました。
                                              (瀧川 恒夫)











Last updated: 2014/06/11
トップページへ戻るページトップへ戻る